コンテンツへ

ShockLink

ShockLinkは実際の除細動器をトレーニングマネキンに接続でき、より現実的なBLSと除細動トレーニングを可能にします。

ShockLinkにトレーニングパッドと除細動器を接続してトレーニングを開始します。除細動器のショックエネルギーは、ShockLinkケーブルに放電されます。

このソリューションであればほとんどのマネキンでトレーニングが
可能であり、胸部スタッドが付いた専用のトレーニングマネキンやショックを吸収するためのロードボックスは不要です。

効率的で、費用効果の高い除細動器トレーニング

ShockLinkは、市場の各社除細動器とレールダルのほとんどのマネキン、もしくはシミュレータに接続可能です。お手持ちのほとんどのマネキンを使い、すぐにリアルで標準化されたトレーニングを実施することができます。.

ShockLinkを使用すると、各除細動器専用のトレーニングマネキンが必要なくなるので、コストパフォーマンスが高まります。

ShockLinkは現在さまざまな除細動器に接続可能です。 ここでは、どのように接続し、アダプターが必要かどうか、ご紹介しています。 ShockLinkは現在さまざまな除細動器に接続可能です。 ここでは、どのように接続し、アダプターが必要かどうか、ご紹介しています。

臨床手技の方法をトレーニングする

CPR-Dトレーニングの主要な学習目標をすべて備えた、リアルな除細動器トレーニングパッド(スタッドではありません)を使ってトレーニングを行います。ShockLinkリモートコントロール、またはSimPadスキルレポータを使用して、シミュレーションされた心拍数シナリオの変更を促すことができます。

ShockLinkに含まれるリズムは以下の通りです:

  • サイナス (SR)
  • 徐脈 (洞性徐脈)
  • 上室頻拍 (SVT)
  • 心室頻拍 (VT) 遅い
  • 心室頻拍 (VT) 早い
  • 心室細動 (VF) 0.1 - 1 mV
  • 心静止
  • PEA

以下のいずれかの方法でトレーニングと心拍数をコントロール:

SimPad PLUSスキルレポータは同時にマネキン6体までのワイヤレス制御を行います。研修指導者は質の高いCPRの実行に苦労する研修者を直ちに発見して指導することができます。 SimPad PLUSスキルレポータは同時にマネキン6体までのワイヤレス制御を行います。研修指導者は質の高いCPRの実行に苦労する研修者を直ちに発見して指導することができます。

ShockLink Remote

ShockLink Remote

   

ShockLink App

レールダル リンクテクノロジーは、AEDトレーニングソリューションと一体化し、パッドの配置とアクティブではない(ハンズオフ)時間を検出します。イベントは効果的なリアルタイムフィードバックとディブリーフィングのために、SimPad... レールダル リンクテクノロジーは、AEDトレーニングソリューションと一体化し、パッドの配置とアクティブではない(ハンズオフ)時間を検出します。イベントは効果的なリアルタイムフィードバックとディブリーフィングのために、SimPad PLUSスキルレポータに送られます。

ShockLinkはチェーンオブサバイバル(救命の連鎖)のための完全なソリューションを提供します

早期の除細動(最初の5分以内)は、チェーンオブサバイバル(救命の連鎖)の重要なステップです。より簡単で効率的なトレーニングソリューションがあれば、より多くの一般市民が地域のファーストレスポンダーとして機能できるようになるでしょう。

スウェーデンの研究では、病院外での心停止の生存率が向上したのは、「チェーンオブサバイバル」のすべてのステップのトレーニングが改善されたためであることが示されています (European Heart Journal, September 2014)。ShockLink はこれを促進するのに役立つでしょう。